profile

kei&ice

Author:kei&ice


CalendArchive


最近のしりとり


コメントありがとう♪


しりとりの奇跡の軌跡

全タイトルを表示

カテゴリー


ブログ内検索


リンク


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローズです

皆様、どうも長い間ありがとうございました。
本日を持ちまして、この「しりとりびより」は、終了と致します。

しりとり3年間を含む、ここ数年間に、色んな事がありました。
さほどサボって生きていないつもりでも、生き方にムラのある私。不得意分野や、怠けてた部分に対する集中砲火が起こる事もありましてね。
しりとりを始めたのは、ちょうどそんな時期をどう乗り越えようかともがいてる頃でした。

その後は、自分がどうしたらいいのか、どうなりたいのか、どう思われたいのか・・・色々模索する中、ここで「文章」として表現する事ができるようになったから、意識か無意識かはともかく、それらの内容を自問自答する機会に恵まれました。
自分の周りや、自分の中で起こる問題や悩みを、自己処理するために、めんどくさい文章もいっぱい書いてしまいましたね。

そうやって行くうちに、「ことば」を使うこと、それを手段に「表現」する事の難しさ、責任、更に、その「ことばを使うに足る自分であるかどうか」など、考えさせられる事もどんどんと増えていきました。

でも、結局、私、書くことって好きなんだな。言葉を使って、表現する事、大好きなんだな。

今まで、沢山読んでくれてた貴方。どうもありがとう。
コメントをくれた貴方、どうもありがとう。
時々読むだけでも、訪れてくれた貴方、どうもありがとう。
今日、たまたまここを開いちゃっただけの貴方も、どうもありがとう。

そして、この場を作ってくれた相方さん、どうもありがとう。


ま、殆んどの方々が、ここだけのオトモダチではないので、ここがなくなったからといって、大勢に影響はありません。普段通り、いつも通りです。

そしてこれから先、違う形の、こういう場が出来るかもしれません。

その時は、その時で、また、よろしくお願いしますね。



現在、2009年5月3日。午後9時30分。
只今を持ちまして、しりとりは終了でございます。

ではみなさん、ごきげんよう。
(kei)





スポンサーサイト

見道楽

食道楽、着道楽・・・の、見道楽。
もう何年も前に、映画から歌舞伎バレエ落語に各種スポーツ関係まで何でも見たがる(といっても映画以外はほとんどテレビでですが)母を評して妹が言った言葉ですが。やはり血は争えないと言いましょうか、今や私も母に負けない見道楽になってしまいました。いや、現場主義(笑)の私、すでに母以上かもしれません。

なにしろ4月はあの近江劇団が1ヶ月も大阪で公演を打っていたのに、1回しか観に行けなかったほど種々の予定が詰まっていたという・・・。こんなことは、近江劇団に出会って以来はじめてですわ。
そもそも手帳の類を使わない私、気になるライブやイベントに見境なく「行くで行くで~」とやっていたら、知らぬ間にとんでもないハードスケジュールになっていたのです。

で、GWですよ。とっかかりから、怒涛のごとく遊んでおります。
ひとつひとつじっくり書きたいところではありますが、おそらく私がここで書くのは今日が最後なので、ざっくりといきましょう。

まずは4月28日(火)、Nobrock氏復活の悪戯ライブ@SOAP OPERA CLASSICS。
うん、やっぱのぶさんのギターもよいわあ~。っていうか、コーラスの声を聴いた瞬間に、やっぱ悪戯はこれだわ~と再確認。そしてSOAP OPERA CLASSICSならではの、千香士さんの生ピアノにまたしてもハートを鷲づかみにされました。

 ROMANCE PLAY
 雨に濡れて
 雪の降る街
 感じていいよ
 出来れば、そう云う事・・・

翌29日(水)はチャリティロックフェス、GOING KOBE’09へ。
最近ちょっとハマっているナショヲナル、よぃこぃちゃんオススメの水母ボーダーズ。それからザ・キャプテンズ、ジャマーバンド、おかん、セックスマシーン。滑り込みセーフで大トリのガガガSPのラスト曲とアンコールを観賞。
どのバンドも個性的で、めちゃくちゃ熱くて。フェスと名のつくイベント関係は初体験の私、なんで今まで行かなかったんだバカバカ~!と思わず後悔するほど、存分に楽しんだ一日でした。

そして昨日30日(木)はガラリと変わって、ラーメンズの公演「TOWER」を新神戸オリエンタル劇場で。
演劇でもあり、コントでもあり。シンプルでありながら、ヒネリが効いていて。コミュニケーションって難しい&面白いなあ・・・なんて難しいことはおいといて、とにかく笑った笑った♪
フキコシ・ソロアクトとか、こういうタイプの舞台って大好きなのに、なんで今まで(以下同文)。

とまあ、そんなこんなでまさに見道楽な3日間。あ、ちなみに我が社のGWはカレンダー通り。まったくよくカラダがもったもんだ・・・と我ながら感心したりしつつ。
GWの後半はどこ行こうかな~♪と、まだまだ遊ぶ気マンマンな私なのです。明日は仕事だけどね。

さて。

まるで最初から存在しなかったみたいに、ふっといなくなるのがいいなあ、なんて思ってたりもするのですが、大人たるもの、そういうわけにもいきませんね。

まずは、長い間、当ブログをご愛読下さった皆様、ありがとうございました。
自分の書いたものを誰かに読んでもらうという、これ以上ない喜びに満ちた3年間でした。心から、お礼申し上げます。

それから、3年の間に出会い、たくさんの刺激をくれた映画や演劇や音楽や・・・特にthe MESSA GOSSA all starsの皆様には、「うちファンサイトじゃないし~」と言いながらファンサイトばりの頻度で書き散らかした「言いたい放題」をあたたかく黙認していただいた上に、写真の掲載許可や時にはコメントまでいただきました。
めいっぱいの感謝と、愛を捧げます。

そして、keiちゃん。お疲れさま・・・って、変かな。
keiちゃんとは、出会って間もない頃から、一見似ているようで実は対極にいる人ではないか・・・と思っていました。だからこそ、一緒にやることに意味があるのでは、と。
他の人とだったら、ここまで続けられなかったと思います。一人だったら・・・言わずもがなで。
お互い、よく頑張ったよね(笑)。 本当に、ありがとう。

3年の長きにわたって続けてきたしりとりも、次回で完結です。
最後の最後に性懲りもなくこんな長文になってしまったことをお許し下さいませ。
まだしばらくはここを訪れてくれる人がいるかもしれないので、当分残しておきますが、とりあえず、さようなら。
(ice)
去年の7月から習い始めたフルート。

ええ、進んでますよ~。
・・・だって、これ以上下手になりようがないんだもん。

カメの歩みとは、よく言ったもので。本当にゆっくりゆっくりではありますが、徐々に上達してる事は確かなんですけどね。
でも、進歩が遅すぎるわ~!!
っていうか、発表会が、早すぎるわ~!!!!!

5月最終日に予定されている、演奏会に、私も出る事になってるんです。

一緒に練習してるお友達と二人で吹くヤツは、最近なんとか形になりつつある状態。ただ、楽器の持ち方や、息の吹き込み方、口の形など、どれ一つをとっても安定して無いくせに、ヘンな癖だけはついてしまってるようで。
私は、高い音ほど音程が下がり気味になり、相方さんは高くなる。
レッスン中に先生に、正反対の注意を受けるんです。
大丈夫かい?私たち。こんなので、出ても構わないのか?

そして、ちょっと前に、他の楽器とも一緒に、みんなで合奏する曲の楽譜を貰ったんですけどね。

・・・あのね。二人で演奏する曲のパート、私が下の方を吹く理由は、上の「ミ」が中々出ないからなんですわ。今もまだ、打率3割程度なので、それを吹かなくて良いパートにしてもらってるのに。
どうして、合奏の方の私の吹くパートに、上の「ソ」があるんだい?

音が出るか出ないかってだけじゃありません。
失敗すると、突拍子も無い音が暴発する状態なのですよ。
だったら、無音の方が、どれだけ回りに迷惑をかけないかって、話しですよ。

けどね、そんな弱気な事を言ってる暇があったら、練習しなきゃ。口の形を安定させる為、鏡を見て練習したりするのだけど、毎回出たり出なかったり。
お願いだから、せめて「ピョー!!!」みたいなのだけは、勘弁してくださいな。

もう、1ヶ月くらいになっちゃったし。ホント、冗談抜きに、練習しなきゃ。

まったく輝きを持てない「愛はきらめきの中に」と、帝国軍に侵略され放題の「スターウォーズ」。
果たして、まともな演奏は出来るのでしょうか?

因みに、自己紹介の文章は、以下の通り。
「ダメだったら歌うので、その時は手拍子を宜しくお願いします♪」
・・・・・・こんな心がけだからダメなのかも~?
(kei)

ソロユニットなんで、悪戯=田伏伸次氏なんですけどね。
でも私の中ではもう、ギター・Nobrock氏、ピアノ・山中千香士氏、カホン・SABU氏という4人編成がデフォなんですよ。
ところが昨日の悪戯ライブ@am HALL、Nobrock氏のスケジュールの都合だかなんだかで、ついにメサゴサのギタリスト、SHINYA WILD氏登場!って、それはもうほとんどメサゴサじゃないのか?と思いつつ。

いやん。
めっさカッコいいやないのぉ~。

もちろん、のぶさんのギターも好きなのですよ。でも、昨日は、いちだんとオトナなムードが漂っていて。
なにしろいつもの悪戯は、オトナといってもそれはつまりエロ、みたいな。ぶっちゃけ「渋さ」を感じたことは一度もないわけで。
しかし、メサゴサで「シブかっこいい」担当のSHINYAさんが入ることで、程よく「枯れ」の入った本当の大人の魅力を醸し出しているよとでも言いましょうか。
初期の悪戯のキャッチコピーに「おっさん二人組」というフレーズがあったけど、いやいや、のぶさん、まだまだ若いわ。

そしてさらに、いつもとはひと味違うちょいとオトナめのセットリスト。

この愛を・・・
さようなら
君・以外・何も・いらない
浮世
感じていいよ
叱って下さい

悪戯では初披露の曲やら、めったにやらない曲やら。アコースティックなのに、音もすごく厚くて、もう渋いわカッコいいわで色っぽいわで。どうしよう、おっさんフェチになってしまいそうだ・・・・・・と、自分もおばはんであることを棚に上げて、うっとりとろけた夜でした。
のぶさんには申し訳ないけど、時々はこの編成でやってくれると嬉しいなあ。

そうそう。
ついでに3月28日(土)上本町ハイハイタウンのセットリストをさらっと。

Keep on Smilin'
雨に濡れて
出来れば、そう云う事・・・
叱って下さい

タイミングを外して書けなかったっていうか、どう書けというんだ・・・なライブだったとも言える、冷たい風の吹く(いろんな意味で)昼下がりでした。
(ice)
地方紙で、その地域の人物を取り上げて、紹介するコーナーってありますよね。

そういうのって、実は、人選に苦労してる場合が多いみたいで。載る人の査定基準って、割とアバウトなんです。
はっきり言って、普通に自己主張できる人物で、身元が怪しくなければ、十分大丈夫。もちろん、コーナーの趣旨に合うのは前提だけど、それさえクリア出来れば、後は、その人にいきつくコネクションが、お互いにあるかないか。

広報的な仕事もしてるという理由から、たどり着きやすいターゲットの一人として、私がいます。

で、今回、ある情報紙の編集長さんからの紹介で、商工会議所が出してる機関紙の「働く女性」を取り上げるコーナーに、出ることになったんですが……


これまでに出てる方々を見ると。



……これ、経営者がメインじゃないのか~!?



過去に、新聞とタウン情報誌の2回、取材を受けた事がありますが、どちらも「はたらくおねえさん」的な人を紹介するコーナーでした。
だから、気楽に受けたんですけどね。

今回は、荷が重いです。


ただ、考えようによっては、私みたいな方が、現実的って話もありますよね。
この世の中、経営者よりも雇われてる人間の方が、断然多いはず。みんなが起業できる訳もないし、従業員がいないと、会社は回らない訳だし。
だったら、「使われる人間としての、プロ在り方」を、私なりにお話ししましょうか。

それを見て、参考にしてくれたり、気持ちが楽になれる人がいるなら、ちょっと位は、役に立つ事ができるかな~。
「起業」や「独立」しなくても、十分に幸せになれるんだよ~。

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。