profile

kei&ice

Author:kei&ice


CalendArchive


最近のしりとり


コメントありがとう♪


しりとりの奇跡の軌跡

全タイトルを表示

カテゴリー


ブログ内検索


リンク


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローズです

皆様、どうも長い間ありがとうございました。
本日を持ちまして、この「しりとりびより」は、終了と致します。

しりとり3年間を含む、ここ数年間に、色んな事がありました。
さほどサボって生きていないつもりでも、生き方にムラのある私。不得意分野や、怠けてた部分に対する集中砲火が起こる事もありましてね。
しりとりを始めたのは、ちょうどそんな時期をどう乗り越えようかともがいてる頃でした。

その後は、自分がどうしたらいいのか、どうなりたいのか、どう思われたいのか・・・色々模索する中、ここで「文章」として表現する事ができるようになったから、意識か無意識かはともかく、それらの内容を自問自答する機会に恵まれました。
自分の周りや、自分の中で起こる問題や悩みを、自己処理するために、めんどくさい文章もいっぱい書いてしまいましたね。

そうやって行くうちに、「ことば」を使うこと、それを手段に「表現」する事の難しさ、責任、更に、その「ことばを使うに足る自分であるかどうか」など、考えさせられる事もどんどんと増えていきました。

でも、結局、私、書くことって好きなんだな。言葉を使って、表現する事、大好きなんだな。

今まで、沢山読んでくれてた貴方。どうもありがとう。
コメントをくれた貴方、どうもありがとう。
時々読むだけでも、訪れてくれた貴方、どうもありがとう。
今日、たまたまここを開いちゃっただけの貴方も、どうもありがとう。

そして、この場を作ってくれた相方さん、どうもありがとう。


ま、殆んどの方々が、ここだけのオトモダチではないので、ここがなくなったからといって、大勢に影響はありません。普段通り、いつも通りです。

そしてこれから先、違う形の、こういう場が出来るかもしれません。

その時は、その時で、また、よろしくお願いしますね。



現在、2009年5月3日。午後9時30分。
只今を持ちまして、しりとりは終了でございます。

ではみなさん、ごきげんよう。
(kei)





スポンサーサイト
去年の7月から習い始めたフルート。

ええ、進んでますよ~。
・・・だって、これ以上下手になりようがないんだもん。

カメの歩みとは、よく言ったもので。本当にゆっくりゆっくりではありますが、徐々に上達してる事は確かなんですけどね。
でも、進歩が遅すぎるわ~!!
っていうか、発表会が、早すぎるわ~!!!!!

5月最終日に予定されている、演奏会に、私も出る事になってるんです。

一緒に練習してるお友達と二人で吹くヤツは、最近なんとか形になりつつある状態。ただ、楽器の持ち方や、息の吹き込み方、口の形など、どれ一つをとっても安定して無いくせに、ヘンな癖だけはついてしまってるようで。
私は、高い音ほど音程が下がり気味になり、相方さんは高くなる。
レッスン中に先生に、正反対の注意を受けるんです。
大丈夫かい?私たち。こんなので、出ても構わないのか?

そして、ちょっと前に、他の楽器とも一緒に、みんなで合奏する曲の楽譜を貰ったんですけどね。

・・・あのね。二人で演奏する曲のパート、私が下の方を吹く理由は、上の「ミ」が中々出ないからなんですわ。今もまだ、打率3割程度なので、それを吹かなくて良いパートにしてもらってるのに。
どうして、合奏の方の私の吹くパートに、上の「ソ」があるんだい?

音が出るか出ないかってだけじゃありません。
失敗すると、突拍子も無い音が暴発する状態なのですよ。
だったら、無音の方が、どれだけ回りに迷惑をかけないかって、話しですよ。

けどね、そんな弱気な事を言ってる暇があったら、練習しなきゃ。口の形を安定させる為、鏡を見て練習したりするのだけど、毎回出たり出なかったり。
お願いだから、せめて「ピョー!!!」みたいなのだけは、勘弁してくださいな。

もう、1ヶ月くらいになっちゃったし。ホント、冗談抜きに、練習しなきゃ。

まったく輝きを持てない「愛はきらめきの中に」と、帝国軍に侵略され放題の「スターウォーズ」。
果たして、まともな演奏は出来るのでしょうか?

因みに、自己紹介の文章は、以下の通り。
「ダメだったら歌うので、その時は手拍子を宜しくお願いします♪」
・・・・・・こんな心がけだからダメなのかも~?
(kei)

地方紙で、その地域の人物を取り上げて、紹介するコーナーってありますよね。

そういうのって、実は、人選に苦労してる場合が多いみたいで。載る人の査定基準って、割とアバウトなんです。
はっきり言って、普通に自己主張できる人物で、身元が怪しくなければ、十分大丈夫。もちろん、コーナーの趣旨に合うのは前提だけど、それさえクリア出来れば、後は、その人にいきつくコネクションが、お互いにあるかないか。

広報的な仕事もしてるという理由から、たどり着きやすいターゲットの一人として、私がいます。

で、今回、ある情報紙の編集長さんからの紹介で、商工会議所が出してる機関紙の「働く女性」を取り上げるコーナーに、出ることになったんですが……


これまでに出てる方々を見ると。



……これ、経営者がメインじゃないのか~!?



過去に、新聞とタウン情報誌の2回、取材を受けた事がありますが、どちらも「はたらくおねえさん」的な人を紹介するコーナーでした。
だから、気楽に受けたんですけどね。

今回は、荷が重いです。


ただ、考えようによっては、私みたいな方が、現実的って話もありますよね。
この世の中、経営者よりも雇われてる人間の方が、断然多いはず。みんなが起業できる訳もないし、従業員がいないと、会社は回らない訳だし。
だったら、「使われる人間としての、プロ在り方」を、私なりにお話ししましょうか。

それを見て、参考にしてくれたり、気持ちが楽になれる人がいるなら、ちょっと位は、役に立つ事ができるかな~。
「起業」や「独立」しなくても、十分に幸せになれるんだよ~。
だ~いぶ前に、友人と連れ立って、早朝の高知県は室戸岬へ行った事があります。海から昇る朝日を見ようとしてね。
なんだかんだで笑いっぱなしの車の中、日の出タイムギリギリに到着したところ、水平線一面に雲の塊が。
少し明るくなってる部分を見て、
「あのヘンが、日の出・・・なんやろね~。」
という、最後までオチのつきまくった珍道中でございました。

その、雪辱戦をやろうと。
仕事の休みが合うのを狙って、3週間ほど前から計画してたのが、明日の早朝でございます。
今回は、もう1人、似たようなヘンタイ仲間を連れて、3人で大爆笑のドライブを予定してました。

そこで、気になるのがお天気。週間天気予報では、最初のうちは曇りだったのが、近づくにつれて、段々と雨の確率が高くなってるじゃありませんか!
うう~ん、これじゃいかん。ツレが雨オンナである事を、すっかり忘れておりました。

で、計画変更。雨が降らなかったとしても、きっと朝日がキレイに見られるほど晴れはしないでしょう。と、言うわけで、
「方向転換!高知ではなく、愛媛に突撃!雨の動物園へGO!!」
と、砥部動物園に行く事に致しました。

1人が夜に予定が入ってる為、早朝出発で、午後6時には戻ってくる計画です。
「5時に迎えに行くからな。」
と、簡単な『旅のしおり』をメールしました。

準備物は、
 1、お財布・携帯電話・おやつ・デジカメなど、必要だと思うもの
 2、雨に負けない為のグッズ
 3、動きやすい服装
 4、健康な体と、わりとヨコシマな精神
ま、このくらいあったら、いいでしょ。

と、雨の中楽しむ気持ち満載で、テキトーに計画立ててたのに。

「あれ?」
昨日から、日曜日の予報が、晴れに変わってるよ。

もう、動物園にいく体になってる私たち、高知へ行く計画に戻そうなんて話は誰からも出ないんですが、
「なんか、雨の動物園を楽しむ気、満々やったのにね。」
と、本末転倒な不満を漏らす始末。
おいおい。折角の動物園ツアー。晴れて何が悪いよ?

てなわけで、若干のがっかり感を持ちつつ、出かけますよ、愛媛方面へ。
お花見も出来るといいな~。
ま、楽しんでまいります。


さてさて。
ここを読んで下さってる方がどの位いらっしゃるか、よく分らないのですが、ご報告いたします。
約3年間に渡り、書き綴ってまいりましたこのしりとり。
一旦終了と致します。
長い間、ありがとうございました。
終了は、まるまる3年に当たる、5月3日を予定してます。
あと、ちょうど1ヶ月となりましたが、どうぞ、最後までお付き合い下さいませ。


では・・・・とりあえず、私は明日、愛媛県へ行って参ります。
(kei)

仕事でね、ちょっとトラブルがありました。

慣れない者同士が、仕事の重要さを理解できないまま進んだ事、それに関しての情報の伝え方が不十分だった事で、いろいろな部分で狂いが生じました。
気が付いたのがギリギリだった為、なんとか、最悪の事態は避けられますが、もうちょっとで、かなりややこしい事態になるところでした。

その原因は、「イメージ力」と「伝える力」です。

今回失敗した当人は、とても反省していますから、そこは責めません。
でも、今後、同じ失敗をしないように指導するのが、私の仕事です。

「何がいけなかったか、分かる?」
この質問に対して、彼女の最初の答えは、
「話さなくちゃいけない人と話さなかった事。」
でした。
「うん。それは、分ってる。でも、どうして、そういう事になったと思う?」
しばらく考えて、彼女は、言いました。
「私の怠慢です。」
「・・・いや、そういう事じゃないよ。だって、サボろうと思ってたわけじゃないやろ?」
充分悪いと思ってる本人を、傷つけてはいけないので、これ以上は、私が言う事にしました。
彼女は、サボったのじゃなくて、仕事の優先順位を間違えてしまった。どの仕事がどういう理由で重要なのかについて、認識が未熟だった為、大事な事を後回しにして、忘れてしまった。
そして、きちんとした確認を取らないで、第三者に伝えてしまった。その時、他人の意見を自分で理解せず、熱意の無いまま伝えてしまったので、思いも寄らない結果を招く事になった。

自分の仕事に対する責任感。コレがないと、想像力・創造力が湧きません。
また、言葉というのは、人によって基準が違う為、ものを伝える時は、念には念を入れなくてはなりません。
でも、人と接する事が苦手な人は、意識しているかどうかはともかく、出来るだけコミュニケーションを避けたがる傾向があります。それを繰り返す為、相手に「伝える」という事が難しくて厄介な事だという認識は出来るのに、それに対応出来るようにするエネルギーを惜しんでしまいます。「コミュニケーションが苦手な自分」を理由に、つい甘えてしまうんですね。
実は、そこに、イメージ力の欠如も生まれてるんです。どの位の重要な仕事かを考えるより、コミュニケーションを避けたい自分を優先してしまうのですから。 
 
言葉を利用して生きている私たちのトラブルは、殆んどがこれの間違った使い方によって生まれています。

私生活に於いては、他人が関与しない方がよい場合も多いでしょう。
でも、職場では、そこが未熟な人に、少しでも良い方向に向かってもらえるようにするというのも、私の仕事なんです。
数年前の自分と違い、言葉というものをちゃんと学ぶようになって、その重要性がより明確になりました。そして、おきなくてもいい問題の原因も、はっきりと見えるようになって来ました。
改めて、言葉を学ぶようになったのは、この為なのかもしれませんね。

自分の部下に、どれだけ私は伝えられるでしょう。その重要性を。
それもまた、難しい仕事の一つです。
(kei)

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。