profile

kei&ice

Author:kei&ice


CalendArchive


最近のしりとり


コメントありがとう♪


しりとりの奇跡の軌跡

全タイトルを表示

カテゴリー


ブログ内検索


リンク


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気がついたら9月も半ばを過ぎてるじゃありませんか。
9月といえば、そう。しつこいぐらいに予告してきた通り、近江飛龍劇団の回しモンと化す私、とりあえず現時点で2回、足を運んでまいりました。って、回しモンにしては少ないなあ。

新世界・朝日劇場は舞台も広く設備もよくて、いつも他では出来ない豪華なステージを見せてくれる近江劇団。今回も思いっきり暴れてくれちゃってます♪
特に15日に上演された「新版・やくざ鳥辺山心中」は、東京公演では劇団☆新感線の女優、高田聖子氏も観に来たという名作。
そもそも新感線の舞台に思いっきりインスパイアされてきた飛龍座長が、長い年月をかけて作り上げた、物真似ではない「This is 近江劇団!」の舞台。それを今度は新感線のメンバーが観てくれる・・・嬉しいじゃありませんか。
芝居の内容はもとより、ワタクシそこに感動してしまいましたですよ。

そして、今回もひとつ嬉しかったのが、舞踊ショーがきちんと演出されていたこと。
ずっと芝居に力を入れてきた近江劇団ですが、今年は舞踊ショーを強化するとかで、すでにその成果が。
正直なところ舞踊ショーって、これまではラストの曲以外は一人ずつ、代わる代わる踊るだけ・・・みたいな感じで、細切れで統一感があまり感じられなかったんですけどね、これがずいぶんとスムーズで、かつちょっぴりコンセプチュアルなものになっているような・・・?
特別に斬新なことをしてるわけでもなく、何かを大きく変えたわけでもない。曲と曲の間に少し、演出を入れただけ。なのにこんなにも印象が変わるんだなあ・・・と。
チェンジというよりも、ブラッシュアップ? そんな感じの今年の舞踊ショー。今後に期待、無限大なのですよ。

でもって、この日はちょっと珍しいことがありました。
実は、近江劇団といえば「延長」。それもハンパなく。
なにしろ夜の部を観ようと4時に劇場前に行ったら昼の部の送り出し(お見送りみたいなもんです)をやっていることもあるという・・・昼の部、12時からなんですけどね。
それがこの日、ラストのショーが終わって暗転したところで、突然飛龍さんの声。
「あれ~、まだ8時15分やん! おっかしいな~」
定時に終わったらいかんのか、みたいな(笑)
さらに「もっと観たいか~~!!」と煽る飛龍さんに、拍手や口笛の嵐で応える客席。もはや定時に終わる気、まったくなし!の熱いコール&レスポンスの後、座員総出演の「近江飛龍劇団十一人衆」でアンコール。さながらライブのような盛り上がり・・・って、こんなん有り得へん(笑)。

そんなわけで、あと10日ほどとなった近江劇団の大阪公演ですが、まだまだ行っちゃいますからね。
来週は特別公演「通天閣 オカンはボクのときどきオトン」もあるし。それに・・・それに・・・今月はライブの予定も、ひとっつもないしさ~(涙)。

mizore
近江みぞれちゃん。近江劇団でいちばんオトコマエと噂の・・・女優さんです。
立ち役(男装ってことね)での舞踊、めちゃくちゃカッコいいんだよ~♪
(ice)

コメント

頑張ってる人を見ると、よし、自分も自分のフィールドで頑張るぞ!って思えて、いい刺激になって素敵だよね~♪

9月中っていうことは、きっとこの週末もGO!なんだろな(^O^)
また楽しんできてね~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kandi.blog65.fc2.com/tb.php/765-7406911f

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。