profile

kei&ice

Author:kei&ice


CalendArchive


最近のしりとり


コメントありがとう♪


しりとりの奇跡の軌跡

全タイトルを表示

カテゴリー


ブログ内検索


リンク


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はあ~、終わっちゃいました。悪戯3連発ライブ。
ええ、もちろん全部行きましたよ。毎回違うスタイルで、なかなか味わい深い試みでした。
・・・が。
ごめんなさい、今回お伝えしたいのはライブ自体には直接関係ない話で、そしてかなり長くなります。

それはそれは純粋でまっすぐな心をもった、とある女性のお話です。

悪戯3連発ライブの2発目、am HALLでの出来事でした。
メサゴサや悪戯のライブには、いつもH美ちゃんと二人で行っているのですが、今回も例に漏れずで。
悪戯の出番よりもかなり早くam HALLに到着した私達。空いている席を探していると、真ん中より少し後方の席にメサゴサのSABUさんを発見!
悪戯のサポートメンバーとしてカホンで参加するSABUさんがなぜか客席にいて・・・そして私達に気づいてくれるや、笑顔で言ったのです。
「今日はお客で観に来てるねん」

さて、冗談には冗談で応えるのが、関西人のマナーというもの。
SABUさん、4日前のブランニューでのライブで満足のいく演奏が出来なかったそうで、日記に「カホンに拒絶された」と書いていたことを思い出し
「やっぱりカホンにふられちゃったから?」
と訊くと、ちょっと拗ねた素振りで返してくれます。
「そうやねん。だから今日はお客になるねん」

そんな会話をひとしきり、私の横で聞いていたH美ちゃん。対バンさんのライブが始まり、前方に空席を見つけて二人で座った途端、真剣な、かつ心底不安そうな顔で
「ほんならSABUさん、今日、出はらへんの!?」
「そんなん冗談に決まってるやん。心配せんでも出はるって~(笑)」
と返すと、一応納得した様子。

と思いきや。

数十分後、後ろを見て
「まだいてはるわ。やっぱり出はらへんのやろか~?」
「絶対出るって! POPOさんの日記にもちゃんとサポートで名前出てたのに今さらそんなんナイって(笑)」

数十分後、また
「・・・ほんまに出はるんやろか・・・?」
「出るって!」

こんな会話を、悪戯のライブが始まるまで繰り返した私達・・・っていうかH美ちゃん、純粋にも程があるよ~。

彼女を知るほとんどの人が「控えめでシャイで真面目な人」というイメージを持っているであろうH美ちゃん、実はこういうエピソードの宝庫。この日ももうひとネタあったのですが・・・本人が恥ずかしがるのでやめときましょう。気になる人は、私に直接訊いて下さいな。
あ、本人に訊いてもムダですよ。自分の面白さには全く無自覚な人なので。そこがまた面白いんだけどね。

というわけで、悪戯3連発ライブのセットリストを(いいのかそんなにザックリしてて!?)。

2月20日(金) @西九条ブランニュー
 ohダーリン
 ROMANCE PLAY
 感じていいよ
 雨に濡れて
 雪の降る街
 出来れば、そう云う事・・・

2月24日(火) @am HALL
 wanna babe.
 ROMANCE PLAY
 Keep on Smilin'
 感じていいよ
 叱って下さい

2月28日(土) @soap opera classics
 ROMANCE PLAY
 雨に濡れて
 感じていいよ
 叱って下さい

そうそう。この3連発ライブでナイスボケをやってくれた人がもう一人。
最終日、soap opera classicsでのライブ後、「メンバー紹介を忘れてたことに今気がついた」と言ってたPOPOさん。
「自分の名前を言わなかったこと」には気づきもしなかったようで・・・。
(ice)

コメント

彼女は、とってもキュートだと思います(^-^)
ライブの時も、大好きな人の前に、もっと出ちゃえばいいのに。けど、そうしないひっそり感が、彼女らしいラブリーポイントなのかも~(^_-)

そうよねー。
その「ひっそり感」と、「実は真剣!」というところのギャップが
なんとも面白く、かつカワイイな~と思います。
そういえば前に
「H美ちゃんが○○さんのファンって本人にバラしていい?」
と冗談で言ったら
「やめて~、やめてぇ~!!」
と必死で抵抗されたこともあったなあ。
ホントに面白い人ですわ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kandi.blog65.fc2.com/tb.php/830-21325a38

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。