profile

kei&ice

Author:kei&ice


CalendArchive


最近のしりとり


コメントありがとう♪


しりとりの奇跡の軌跡

全タイトルを表示

カテゴリー


ブログ内検索


リンク


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の「相棒」、皆さん、御覧になりましたか?

率直な感想は、
「良かった~!」
でした。

まずは、ストーリー。愛情からくる問題の解決策として、極端な事をしでかしてしまう家族。そして、障害のある身内と自身が、本人の意図しない所で、事件の発覚を促してしまう。

悪意の存在しないところで、見逃された犯罪を、事件化する事について、それが本当の正義かどうか。

考えさせられる内容で、シーズン7の最終回にふさわしい、重みのある話でした。

そこに、新たに登場した、及川光博演じる「神戸尊」。かんべそん…じゃなくて、かんべたけるといいます。
彼は、警察庁警備局から、警視庁特命係に左遷になったのだけど、その実、特命係や杉下右京がどういう存在であるのかを見極めるための、スパイ的な役割を任命されている…という設定です。

いい具合に反目しあってる二人は、まだまだ相棒とは言えない精神的距離。でも、だからこそ、今後の展開が楽しみになっています。

もともと、水谷さんと寺脇さんのコンビが大好きで、見始めたドラマです。そのうちの一人が抜けるという事は、考えたこともなく、そのあとに来るのがみっちーだなんて、妄想すらしたことがありませんでした。

だから、この現実が、自分にも受け入れられるのか、大いに心配だったんですが。

安心しました。大丈夫。みっちーさん、彼なりの、いい味を出してます。
そして、某SNSの「実際に見てどう思うか」アンケートも、「良かった!」と「まあまあ。悪くない」で、90%を越えています。
この数字、見る前より、あがってるんですよ!

ほっとすると同時に、今度は、おおきなおおきな残念感。

あああ~。シーズン7が終わったんだよな。あと、半年待たないと、シーズン8が見られないのか~。
テレ朝まで、私に焦らしプレイを仕掛けて来るのか!


と、思ってたら。


来週末から公開の、相棒スピンオフ映画、「鑑識米沢の事件簿」のエンドロールが終わった後に、「相棒シーズン7.5」なるショートストーリーがあり、新相棒が登場するらしいじゃないですか。

本当にもう。
やってくれるんだから。
(kei)
今年になって、まだ三ヶ月目だというのに。
2009年、最大の衝撃です。

私は、ドラマ「相棒」のファンです。
もっと昔のドラマ「刑事貴族」での、水谷豊さんと寺脇康文さんの息ぴったりの演技が好きで、またこのコンビで新しいドラマが作られるという情報を見つけたとき、大喜びしました。そして、土曜ワイド劇場での1作目から、いままでずっと見続けています。

昨年GWより公開された映画化は、大ヒット。さすが「相棒」!!って思ってたところで、夏に、寺脇さん演じる「亀山薫」の卒業が報じられました。
むちゃくちゃショックでした。かなり、勝手な駄々をこねました。
その後始まった、「相棒シーズン7」で、2クール分の最初の1クールで薫ちゃんが居なくなってしまった時には、悲しくて寂しくて、泣いてしまいましたよ。

でも、寺脇さんの役者としての今後を考えると、このタイミングが一番いいという事が理解できたのも、ちょうどその頃だったので、
「自分の勝手な思いだけで、どうにもならない事に文句を言い続けるのはかっこ悪いから止めよう。このまま、落ち着いた目で見て、そして、新しい相棒が出来たら、とにかく受け入れてみよう。それでもダメだったら、ファンを止めればいい。」
と、年明けからの、2クール目を見てました。

水谷豊さん演じる「杉下右京」が、決まった「相棒」を持たず、各回ごとに、「相棒らしき人」が登場する展開は、予想通り賛否分かれました。でも、確かに「相棒」というタイトルでは、今のままではいけないな、と思う反面、脚本演出は工夫され、質の高いドラマであることは、強調されたんですよね。

そして、今クールが終わろうとするこの時期。そろそろ、正式な「新相棒」が欲しいと、ファンが本気で思い始めてきた所で、昨日発表されました。



「新相棒は、 及川光博 さんになりました。」



は、はいいいいいいいいいいいいいいいいい~?


右京さんの決め台詞を、突拍子も無い声で言いそうな。目が点になり、顎が外れそうになる瞬間でした。


びっくりした。
びっくりした。
びっくりした。



寺脇さんの印象が強すぎる為、次に来る役者さんは、大変だろうな~と思ってたら、イメージが違うも違う、予想だにされない人が抜擢されちゃいました。


これは、賛否両論あるだろうな~。そして、受け容れられない人の方が、多いんじゃないだろうか?
と、いう、べいべーの心配をよそに、色んなところで見るコメントの大半は好意的で。
賛否も、OK:ダメが、85:15のパーセンテージなんですよ。
更に、全体的な意見の分かれ方が、賛成か、ビミョーか、って感じで、猛反対は少ないんです。

昨日は、このニュースのおかげで、仕事に身が入らない一日をすごしちゃいましたが、そろそろ私も落ち着いてます。
相棒ワールドで、みっちーさんがどんな風に料理されるのか。
相棒である右京さんとの絡みだけでなく、周りのレギュラー陣と、どんな風な関係になっていくのか。
とにかく、期待しましょう。

1週間後には、みっちーさんのライブに行きます。そこで、きっとこの事について、色々と語ってくれるでしょう。
相棒とみっちーの双方の未来に、乾杯!!
(kei)

ばればれ

え~と。

1月27日の日記で、話しことばの講師認定試験、大失敗した事を書きました。


それが。


・・・・・・・・受かっちゃった・・・・・・


通知を見た時、まさか合格してると思わなかったので、昨年と同じ「C判定」の文字を探していた私。だから、しばらく事態に気付かなかった私。そして、「合格」の文字を見て、喜びより、戸惑いエモーションだった私。

実感は、あとからじわじわ湧いてきました。

この試験の結果はAからEの5段階です。ABが合格で、DEが不合格。Cは、中途半端にイマイチってところ。今年もコレだと思ってたのですが、なんとかBに引っかかる事ができたようです。

でも、「完璧で文句無し!!」というAでの合格ではなく、「一応、合格ラインに達しています」というB判定。当然の如く、まだまだ未熟な点がいっぱいあるんです。

合格証書と一緒に、それらダメ出しがA4用紙3枚にびっしり。耳に痛い言葉の嵐でございます。

それまでに受けていた、通常の検定試験と違い、講師の試験です。知識がある事は前提であって、それをいかに伝えられるか、教えられるか。そしてそうするに足る人物であるか、を問われる試験なんですね。
採点表の中には、こまかい技術的なミスの指摘や、分りやすい方法の提案だけでなく、私の人間的な部分に対する部分も書かれています。

「私はこういう人間です!!」
と、宣言して歩かなくても、普通の生活の中で、人間性って出てくるもの。それが、言葉を介する状態では、かなり顕著に表される事になります。
それが、「言葉のプロ」に見られると、私の中身がバレバレになる訳でして・・・

それらの書類、職場で同僚達に見せて、爆笑しましたよ。
「その通り!!」
ってね。

けど、自分の実力を伸ばしたくてやってる事。今のままじゃいけない事は分ってるから、より具体的なダメ出しの方が、当然役に立つわけです。で、分ってる事なだけに、そんなに傷つきません。

来年以降のA判定合格に向けて、課題は山盛りてんこ盛り。

しばらくはゆっくりほっとしておいて、充電が終わったらまた、地味にやる事やりましょうかね。
(kei)
少し前から、気になってる事がありました。
ウチの地元のある動物保護団体が、活動の危機になっていましてね。

そこは、NPO法人として、無責任な人間の為に不幸な思いをしてるわんちゃん、ねこちゃんを保護して、里親を探したりしてるところ。
活動資金を得る為に、トリミングや、ペットホテルも併設していましたが、無責任な人間が後を断たない為に、金銭的にも追いつかず。それを、理事長さんが、私財を投じて、面倒を見ていたんだそうです。

ところが。
その理事長さんが、1月半ばに海難事故に遭われて、今もって消息不明の状態。
当然その施設もピンチになり、その段階になって初めて、私はこの施設と状況を知りました。

私の住んでいる所から、車で1時間もかからない場所にある、その施設ラ・パーチェ。行ってみようかとも思いましたが、わんちゃんたちの顔を見てしまうと、きっと、1人では帰ってこられない。ウチにも一匹居るのに、無責任なつれて帰り方をしてしまいそうで、様子を見に行くのはやめました。

何かは、自分に出来る事を・・・という事で、とりあえず送金。
でも、今って、振り込め詐欺対策で、10万円以上をATMで振り込めないんですよね。
切りのいい所を振り込み、きっと、これから続くだろうと、振込みカードも作成。様子を見ていました。

ところが、数日前、更新されたHPを見ると、
「皆さんから寄せられたお金や支援物資で、どうにか運営できる4月5日を目処に、閉める事にしました。なので、今後は、ご支援を遠慮いたします。」
と、出ているではありませんか。

その間に、まだ20数頭残ってるわんちゃんの引取り先を探すように、頑張るとの事です。

文章の中には、切実な奥様の言葉も入っていましたが、現実は厳しい物です。帰ってこない理事長を、ただ待つのにも限界があります。
それらを踏まえた上で、寄付に頼る運営も、甘えている・・・と。

でも、もともと、その理事長さんが、経営破たんした前の運営者から買い取った施設です。結局は、たった1人に負担がかかる形の運営が、こういう最悪の状態を招いているとも言えるんです。
海外では、動物の保護施設が、寄付によって運営されているところも多いと聞きます。日本にそういう文化が根付いていたら。でも、そういったことで私腹を肥やす人が居る為に、結局根付かないという悪循循環。そう思うととても悔しい。

もう、用が無くなってしまったけど、このカード、もしかしたら、また活躍の機会があるかもしれないので、正式閉鎖までは捨てずに持っておこうと思います。

人間の手で不幸になってる子たちが、これ以上の不幸になりませんように。
どうか、みんな里親さんが見つかりますように。

そして・・・理事長さんに、奇蹟が起こりますように。
(kei)

健康第一

先週の水曜日、建国記念の日は、実力派インディーズファンクバンド「the MESSA GOSSA all stars」ワンマンショー第10弾でした。

・・・でしたが。

ここしばらく、体調がイマイチだった私。会場のある神戸に足を運び、ホテルにチェックインして、しばらく休息しまして。お友達と合流して、ライブハウス「ウインターランド」に行く事は行ったのですが。

着いて、開場待ち中に、既に立っていられなくなってしまいましてね。
中に入って、プレゼントのカードにメッセージを書くだけで、ほぼ、持ってる力を使い果たした模様でして。座ったままで、立ちくらみを起こしているような感じでした。
少し経つと、なんとかマシにはなってきたのですが、演奏が始まっても、立つ気力も体力もありません。

情けない限りです。
私が、ライブで踊らないなんて。

あんなに大好きなベース音が、体に痛く感じるって、どういう事ですか?
  
途中で持ち直したから良かったものの、始まって数曲の段階では、
「どのタイミングで途中退場するのが、一番失礼じゃないか。」
ばかりを考えていました。

そんな感じだったので、特に最初の方の演奏は、殆んど覚えていないのです。
セットリストメモだけはありますが、まともな感想が書けません。
申し訳ないですが、ライブレポは、相方さんにお任せします。

何でしょうか?そろそろ更年期とかいうものに差し掛かってるんでしょうかね?
仕事には行ってますが、時々ふわ~ってします。
ま、毎年この時期には体調を崩すので、出来るだけゆっくり過ごす事に致しましょう。

みなさん、何をするにも、健康第一!!
少しずつ、無理の利かない体になっていっておりますが、だからこそ、体を大切にしましょうね~。
(kei)


««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。