profile

kei&ice

Author:kei&ice


CalendArchive


最近のしりとり


コメントありがとう♪


しりとりの奇跡の軌跡

全タイトルを表示

カテゴリー


ブログ内検索


リンク


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粋だねえ~♪

どーーーしても、見たかったの。津山の桜が。
一昨年前に、紅葉を見にいったあの岡山県津山市。本当は昨年、桜を見に行くつもりだったんですが、昨年の春といえば私、それどころじゃなかったから(笑)

というわけで、リベンジ。
前回の、keiちゃんの「春の遠足・かしまし娘(失礼~)編」に引き続きまして、今回は私の「春の遠足・おひとり様編」でございます。

ちょっと前からネットの花見情報をチェックしていた私。先週の終わりにはまだ5分咲きで、安心して近江劇団を観に行ってたんですが(そう、来てるのですよ大阪に)。
したら、月曜日にいきなり満開に! 「しまったぁタイミングを間違えた~!!」と激しく後悔しつつ、お休みだった昨日、大阪からバスに乗って一路、津山へ。ただ、「見頃予想・12日まで」だけを信じて。
sakura-1
途中、渋滞の影響で、予定より少し遅れてようやくたどり着いた鶴山公園の桜は、やはり散り初めといったところ。ずっと前に母と来た時は、ちょうど満開で空を埋め尽くすほどの桜色に圧倒されたもんでしたが。
せっかく何時間もかけて来たのに残念? いやいや、葉桜だって桜のうち。それに数が尋常じゃありませんからね。「はらはら」を越えて「ざあああっ」といった感じに降り注ぐ桜吹雪を浴びて、気分はすっかり遠山の金さん・・・ちょっと違うぞ。
満開の桜もいいけれど、こういう「わびさび~」な気分にひたれるのは、このタイミングしかないわけで。花びらの舞う中で食べるお弁当も心なしか風流な味ね~なんつって、すっかりご満悦のおひとり様。
sakura-2
↑わかりにくいけど、なんとか撮れた桜吹雪。ほんっとに綺麗でした。

ついでにkeiちゃんたちと同じく動物園・・・じゃなくて、自然のふしぎ館で世界の動物たちの剥製(これまた数も迫力も尋常じゃない!)や標本や化石なんかを観賞して、粋でマニアックな春のひとり遠足は終了。城跡である鶴山公園の石段を上り下りした足はパンパンになったけど、とっても充実した一日でした。
sakura-3
そ。ひとりで行っても、じゅうぶん楽しいもん。桜の木の下で膝枕してるカップルなんて羨ましくないもんっ!

・・・来年は、誰か一緒に行かない?
(ice)
だ~いぶ前に、友人と連れ立って、早朝の高知県は室戸岬へ行った事があります。海から昇る朝日を見ようとしてね。
なんだかんだで笑いっぱなしの車の中、日の出タイムギリギリに到着したところ、水平線一面に雲の塊が。
少し明るくなってる部分を見て、
「あのヘンが、日の出・・・なんやろね~。」
という、最後までオチのつきまくった珍道中でございました。

その、雪辱戦をやろうと。
仕事の休みが合うのを狙って、3週間ほど前から計画してたのが、明日の早朝でございます。
今回は、もう1人、似たようなヘンタイ仲間を連れて、3人で大爆笑のドライブを予定してました。

そこで、気になるのがお天気。週間天気予報では、最初のうちは曇りだったのが、近づくにつれて、段々と雨の確率が高くなってるじゃありませんか!
うう~ん、これじゃいかん。ツレが雨オンナである事を、すっかり忘れておりました。

で、計画変更。雨が降らなかったとしても、きっと朝日がキレイに見られるほど晴れはしないでしょう。と、言うわけで、
「方向転換!高知ではなく、愛媛に突撃!雨の動物園へGO!!」
と、砥部動物園に行く事に致しました。

1人が夜に予定が入ってる為、早朝出発で、午後6時には戻ってくる計画です。
「5時に迎えに行くからな。」
と、簡単な『旅のしおり』をメールしました。

準備物は、
 1、お財布・携帯電話・おやつ・デジカメなど、必要だと思うもの
 2、雨に負けない為のグッズ
 3、動きやすい服装
 4、健康な体と、わりとヨコシマな精神
ま、このくらいあったら、いいでしょ。

と、雨の中楽しむ気持ち満載で、テキトーに計画立ててたのに。

「あれ?」
昨日から、日曜日の予報が、晴れに変わってるよ。

もう、動物園にいく体になってる私たち、高知へ行く計画に戻そうなんて話は誰からも出ないんですが、
「なんか、雨の動物園を楽しむ気、満々やったのにね。」
と、本末転倒な不満を漏らす始末。
おいおい。折角の動物園ツアー。晴れて何が悪いよ?

てなわけで、若干のがっかり感を持ちつつ、出かけますよ、愛媛方面へ。
お花見も出来るといいな~。
ま、楽しんでまいります。


さてさて。
ここを読んで下さってる方がどの位いらっしゃるか、よく分らないのですが、ご報告いたします。
約3年間に渡り、書き綴ってまいりましたこのしりとり。
一旦終了と致します。
長い間、ありがとうございました。
終了は、まるまる3年に当たる、5月3日を予定してます。
あと、ちょうど1ヶ月となりましたが、どうぞ、最後までお付き合い下さいませ。


では・・・・とりあえず、私は明日、愛媛県へ行って参ります。
(kei)

先日、とあるライブに行った時に、とあるミュージシャンと珍しくゆっくり話す機会があったんですが。
ゆっくりといっても、ライブの後のそう長くもない時間で「iceさんっていったい何者なんすか?」と3回も訊かれてしまいました。そんなに正体不明ですか私は?
えっと・・・今はごく普通の会社員で、元・気功師で、軽~く芝居オタク(これもそろそろ「元」をつけた方がいいかも?)で、自力で停まれない無謀なスケーターで・・・・・・そして、ナンチャッテ作詞家でした。

「でした」っていうのは、今やすっかり開店休業状態だからですが・・・と、きっぱり辞めたって言わないところが往生際が悪いというかなんというか。
インディーズで(というよりアマチュアといった方がワタシ的にはしっくりくるんですが)音楽をやってる人と組んで、詞を書いてたんですよ。
若~い頃には、結構本気でプロになろうとしてた時期もあって、ちょっとご縁のあった某レコード会社のディレクター氏に作品を見てもらったりもして。

そのディレクター氏が、活動休止中のある女性歌手の復帰作を手がけることになり、その詞を書くというチャンスをもらったことがありました。
私の志向とは少し違うジャンルではあったけれど、そこは何にでもチャレンジしたい時。何より、かつて「アジアの歌姫」と呼ばれ、今もって歌い継がれているほどのヒットを何度も飛ばしていた彼女の復帰作を書かせてもらえるというのは、それはそれはすごいことで。
曲の入ったテープをもらって書いた歌詞に、ダメ出しをされては書き直し・・・という作業を何度か繰り返した後、「じゃあ、これで」と。
もちろんそれで決まるほど甘い世界ではなく、候補として預かるよ、ということですが。それでも、万にひとつの可能性を、人生でいちばん強く信じた時でした。

間もなく、彼女の名前がメディアに登場したのは、復帰ではなく、急逝を伝えるニュースでした。

「もしも・・・だったら」と思う時期は、もうとっくに過ぎました。運も実力のうちというなら、私の実力もそこまでだったということでしょう。
件のディレクター氏とも、当時組んでいた相方さん達ともなんだかんだでご縁が切れて、カタチになって残ったのはインディーズレーベルから出たオムニバスCDに収録された1曲だけ。

もしかしたら彼女が歌ってくれたかも知れなかった歌。ディレクター氏も、数ある候補のひとつに過ぎなかった歌を、覚えているはずもないでしょう。
ならば今、あの歌を歌えるのは世界で私ひとりだけ。それはそれで、ちょっといい宝物を持っているのかも知れない・・・って、これじゃホントに「ちょっといい話」みたいじゃないか。

そんなつもりじゃなくて。
このところ「書くこと」に対するモチベーションが少々あやしくなっているので、ちょいとあの頃の気持ちを思い出してみようかなあ、なんて思っただけで。いつもそんな感傷的なこと考えてるわけじゃありませんからほんとに。

え? その女性歌手が誰だか気になるって?
それはご想像におまかせしましょう。そもそもこんな出来すぎた話自体、4月1日の・・・かもしれないし?
(ice)
仕事でね、ちょっとトラブルがありました。

慣れない者同士が、仕事の重要さを理解できないまま進んだ事、それに関しての情報の伝え方が不十分だった事で、いろいろな部分で狂いが生じました。
気が付いたのがギリギリだった為、なんとか、最悪の事態は避けられますが、もうちょっとで、かなりややこしい事態になるところでした。

その原因は、「イメージ力」と「伝える力」です。

今回失敗した当人は、とても反省していますから、そこは責めません。
でも、今後、同じ失敗をしないように指導するのが、私の仕事です。

「何がいけなかったか、分かる?」
この質問に対して、彼女の最初の答えは、
「話さなくちゃいけない人と話さなかった事。」
でした。
「うん。それは、分ってる。でも、どうして、そういう事になったと思う?」
しばらく考えて、彼女は、言いました。
「私の怠慢です。」
「・・・いや、そういう事じゃないよ。だって、サボろうと思ってたわけじゃないやろ?」
充分悪いと思ってる本人を、傷つけてはいけないので、これ以上は、私が言う事にしました。
彼女は、サボったのじゃなくて、仕事の優先順位を間違えてしまった。どの仕事がどういう理由で重要なのかについて、認識が未熟だった為、大事な事を後回しにして、忘れてしまった。
そして、きちんとした確認を取らないで、第三者に伝えてしまった。その時、他人の意見を自分で理解せず、熱意の無いまま伝えてしまったので、思いも寄らない結果を招く事になった。

自分の仕事に対する責任感。コレがないと、想像力・創造力が湧きません。
また、言葉というのは、人によって基準が違う為、ものを伝える時は、念には念を入れなくてはなりません。
でも、人と接する事が苦手な人は、意識しているかどうかはともかく、出来るだけコミュニケーションを避けたがる傾向があります。それを繰り返す為、相手に「伝える」という事が難しくて厄介な事だという認識は出来るのに、それに対応出来るようにするエネルギーを惜しんでしまいます。「コミュニケーションが苦手な自分」を理由に、つい甘えてしまうんですね。
実は、そこに、イメージ力の欠如も生まれてるんです。どの位の重要な仕事かを考えるより、コミュニケーションを避けたい自分を優先してしまうのですから。 
 
言葉を利用して生きている私たちのトラブルは、殆んどがこれの間違った使い方によって生まれています。

私生活に於いては、他人が関与しない方がよい場合も多いでしょう。
でも、職場では、そこが未熟な人に、少しでも良い方向に向かってもらえるようにするというのも、私の仕事なんです。
数年前の自分と違い、言葉というものをちゃんと学ぶようになって、その重要性がより明確になりました。そして、おきなくてもいい問題の原因も、はっきりと見えるようになって来ました。
改めて、言葉を学ぶようになったのは、この為なのかもしれませんね。

自分の部下に、どれだけ私は伝えられるでしょう。その重要性を。
それもまた、難しい仕事の一つです。
(kei)

失敗(BlogPet)

kei&iceと、御覧がリニューアルしたいなぁ。
それで安心みたいな失敗したよ♪

*このエントリは、ブログペットの「Bubbly」が書きました。

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。